I Wish You Love

I Wish You Love
作曲 Léo Chauliac and Charles Trenet   作詞 Albert Askew Beach

Verse

Good-bye, no use leading with our chins
サヨナラ
This is where our story ends
私達の物語はここで終わります
Never lovers, ever friends
恋人でも友達でもない

Good-bye, let our hearts call it a day
サヨナラ、もう終わりにしましょう
But before you walk away
あなたが去る前に
I sincerely want to say
心より伝えたいことは

Chorus

I wish you bluebirds in the spring
To give your heart a song to sing
あなたの心が歌いたくなれるように春にブルーバードが訪れたらいいな
And then a kiss,
そしてキスを
but more than this
しかし何より
I wish you love
あなたに愛を祈ります

And in July a lemonade
To cool you in some leafy glade
7月には緑の中で涼しい夏を過ごす為にレモンエードを忘れないで

I wish you health
元気であってほしい
But more than wealth
しかし富より
I wish you love
あなたに愛を祈ります

My breaking heart and I agree
That you and I could never be
折れた私の心であなたと私は叶えない愛だと認めます
So with my best
My very best
I set you free
無理かもしれないけどあなたを自由にしてあげます

I wish you shelter from the storm
A cozy fire to keep you warm
嵐から身をしのげる場所と体が温まるような居心地のいい暖炉がありますように
But most of all when snowflakes fall
しかし何より雪が降って来ると
I wish you love
あなたに愛を祈ります

フランスのシャンソン「Que reste-t-il de nos amours?」に英語の歌詞をつけた曲です。やはり言葉が違うせいか結構違う雰囲気になります。最初同じ曲だと知らず聞いた時バカみたいに「すごく似てると曲だなぁ」と思ってました。^^;
この曲って別れるけどあなたの幸せを祈りますと言ってます。なんて優しい心〜 本当にこんな美しい別れもあるんですかね?この器のデカさ。。。ちょっと憧れます。。。^^;
日本では小野リサのボサノババージョンが結構有名ですが、この曲もいろんなボーカルがカバーしましたね。それぞれ違う雰囲気なのでぜひいろんな音源を聞いていただきたいです。英語歌詞とフランス語の歌詞両方映像つけておきました。Cyrille Aimeeというアメリカで活動してるフランス人の歌手のフランス語バージョンオススメです〜

 

Photo by Andrew C. from FreeImages

和訳の一覧ページはhttp://blog.theyannie.com/jazz-songs-lyrics-in-alphabetical-order/です。

ヤニは歌詞の日本語訳の専門家ではない上に日本語もうまくないです。なので、普段英語の曲の歌詞の翻訳を乗せてるほかのサイトのように詩のような表現などは書けないです。しかもジャズの歌詞は美しい表現はあるが意外と詩のようなお洒落で難しい表現は思ったより多くないです。元々は黒人の音楽で感情表現が豊かで素直な歌詞が多いと思います。

ヤニは歌詞だからわざわざ詩のようなお洒落な表現にする方が伝わりにくいと思いますのでわかりやすい翻訳をしていきたいと思います。そっちの方が演奏する際に気持ちが乗りやすいと思います。詩のようなお洒落な表現の翻訳が必要な方はほかのサイトを見て頂いたほうがいいと思います~^^


YANNIE

ヤニは東京を中心としてライブ活動してるジャスシンガーです。コンボはもちろんビッグバンドまで幅広く歌ってます。ジャズの良さを皆様とシェアできたらいいなぁ~と思ってます。 YANNIE is a jazz singer who lives in Tokyo, Japan and performs regularly, from combo to big band. She wants to share the wonderfulness of jazz with everybody who loves music.

Leave a Reply

Your email address will not be published.