Have yourself a merry little Christmas

Have yourself a merry little Christmas
作曲  Hugh Martin  作詞 Ralph Blane

Have yourself a merry little Christmasは1944年のミュージカル映画「Meet Me in St. Louis」でJudy Garlandが歌った曲です。歌詞が結構修正されていろんなバージョンが知られてます。まず一番知られてるフランクシナトラのバージョンを載せました。Judy Garlandのバージョンと最初のバージョンも共に訳しつつなぜ歌詞が変わってきたかいろんな大人の事情の裏話も下に書きましたので興味のある人は是非読んでみてください。

 

フランクシナトラバージョン

Have yourself a merry little Christmas
楽しくてささやかなクリスマスになりますように
Let your heart be light
心が輝きますように
From now on, our troubles will be out of sight
これから先は大変なことはもう現れないよ

Have yourself a merry little Christmas
楽しくてささやかなクリスマスになりますように
Make the yule-tide gay
クリスマスシーズンは楽しく過ごしてね
From now on, our troubles will be miles away
これから先は大変なことはもう縁のないことよ

Here we are as in olden days
Happy golden days of yore
私たちは昔のように、幸せな黄金時代を過ごしてるわ
Faithful friends who are dear to us
Gather near to us once more
私達に大切な信義ある友達はもう一度近くに集まって来てくれる

Through the years we all will be together
If the fates allow
私達は運命が許す限り長年にわたり皆で過ごせるだろう
Hang a shining star upon the highest bough
一番高い枝に輝く星を吊るそう
And have yourself a merry little Christmas now
そして楽しくてささやかなクリスマスをすごしてほしいの

じゃあ次はJudy Garlandのバージョンで映画に出てるバージョンです。フランクシナトラとちょっとだけ違うので違うところだけ訳しました。違うところは色を変えたので~

ジュディ・ガーランド(映画Meet Me in St. Louis)バージョン

Have yourself a merry little Christmas
楽しくてささやかなクリスマスになりますように
Let your heart be light
心が輝きますように
Next year all our troubles will be out of sight
来年、全ての大変なことはもう現れないよ

Have yourself a merry little Christmas
楽しくてささやかなクリスマスになりますように
Make the Yuletide gay
クリスマスシーズンは楽しく過ごしてね
Next year all our troubles will be miles away
来年は全ての大変なことはもう縁のないことよ

Once again as in olden days
Happy golden days of yore
昔のような幸せな黄金時代をもう一度
Faithful friends who were dear to us
Will be near to us once more
私達に大切だった信義ある友達はもう一度近くに集まって来てくれる

Someday soon we all will be together
If the fates allow
私達は運命が許す限りいつかすぐ皆で過ごせるだろう
Until then we’ll have to muddle through somehow
それまでは何とかして切り抜けるしかないよね
So have yourself a merry little Christmas now
だから今は楽しくてささやかなクリスマスをすごしてほしいの

ジュディ・ガーランドのバージョンは映画Meet Me in St. Louisのシーンで歌われてます。シーンの内容はお父さんの仕事で家族みんながなじんでるSt. LouisMissouriからニューヨークに引っ越ししないといけないのですごく動揺してる状況の中クリスマスイブに主人公のジュディ・ガーランドが落ち込んでる5歳の妹を励ますために歌ってる曲です。クリスマスが歌詞に出てますが歌詞の内容はクリスマスより「もっといい未来への期待」です。

フランクシナトラは映画でジュディ・ガーランド歌った歌詞が暗いと作曲家に歌詞の変更をお願いしたようです。フランクシナトラのその時のアルバム名は” A Jolly Christmas“でしたのでもっとハッピーな雰囲気の歌詞がほしいということで”Until then we’ll have to muddle through somehow.”を”Hang a shining star upon the highest bough.”など変更して「もっといい未来への期待」より「ハッピーなクリスマス」の雰囲気にフォーカスしてる歌詞にしてフランクシナトラが歌ったようです。

しかし歌詞が暗いと言われたのはフランクシナトラだけじゃないようです。実は歌詞のラフ版をジュディ・ガーランドなどの映画の出演者達が暗いと批判したようです~^^どんだけ暗いかとにかく歌詞を見てから話してみましょうかね?

映画用のラフバージョンの歌詞

Have yourself a merry little Christmas
楽しくてささやかなクリスマスになりますように
It may be your last
最後になるかもしれないので
Next year we may all be living in the past
来年には私達は昔の事ばかり考えてるかも

Have yourself a merry little Christmas
楽しくてささやかなクリスマスになりますように
Pop that champagne cork
シャンパンを開けて
Next year we may all be living in New York
来年、私たちは皆ニューヨークに住んでいるかもしれないから

No good times like the olden days
Happy golden days of yore
昔のような幸せな黄金時代はもうないよ
Faithful friends who were dear to us
Will be near to us no more
私達に大切だった信義ある友達は二度と一緒に過ごせないから

But at least we all will be together
If the Lord allows
しかし神様が許すならとにかく皆で一緒になれるだろう
From now on, we’ll have to muddle through somehow
今から何とかして切り抜けるしかないよ
So have yourself a merry little Christmas now
だから今は楽しくてささやかなクリスマスをすごしてほしいの

初期の歌詞は違うところが多すぎて色を付けるのが意味がない位ですね~^^;結構ニュアンスが違うので別の歌詞だと言っても良い位です。^^ 「もっといい未来への期待」より悲しい現実を何とか無事に過ごすことを願ってる雰囲気の歌詞のようです。

結構記事が長くなりましたが、こういう裏話って面白いですよね~

下にジュディ・ガーランドとフランクシナトラのバージョンの音源を付けますので聞いてみてくださいね~^^

Photo by FreeImages.com / christian sherratt

Winter Songs

冬の曲の和訳特集はここから!

季節感のある曲の和訳

季節毎にまとめたリストはここ!

ジャズの曲の和訳

アルファベット順で全部確認可能!


YANNIE

ヤニは東京を中心としてライブ活動してるジャスシンガーです。コンボはもちろんビッグバンドまで幅広く歌ってます。ジャズの良さを皆様とシェアできたらいいなぁ~と思ってます。 YANNIE is a jazz singer who lives in Tokyo, Japan and performs regularly, from combo to big band. She wants to share the wonderfulness of jazz with everybody who loves music.

Leave a Reply

Your email address will not be published.