やぎやに 生配信 ギグ – 2021/11/14 SUN 7PM

I’m Beginning to See the Light
作曲  Duke EllingtonJohnny Hodges, Harry James  作詞  Don George

I never cared much for moonlit skies
月光の夜空なんかどうでもいい
I never wink back at fireflies
ホタルに興味を持ったことない
But now that the stars are in your eyes
しかしあなたの目に入ってる星のおかげで
I’m beginning to see the light
明かりが見えてくるの

I never went in for afterglow
Or candlelight on the mistletoe
夕焼けやヤドリギのロウソクなんか好きになったことないけど
But now when you turn the lamp down low
あなたがランプの灯りを弱くすると
I’m beginning to see the light
明かりが見えてくるの

Used to ramble through the park
公園にぶらぶらしたりして
Shadowboxing in the dark[1]
意味のないことやっていた
Then you came and caused a spark
それからあなたが現れ、火花を散らした
That’s a four-alarm fire now[2]
すごい火事になったの

I never made love by lantern-shine
ランプの灯りで愛してことはない
I never saw rainbows in my wine
ワイングラスに虹が見えたこともないけど
But now that your lips are burning mine
あなたのキスで私の唇は燃えてきたので
I’m beginning to see the light
明かりが見えてくるの


[1] Shadowboxing in the dark
Shadowboxingは相手がいない状態でボクシングの練習をするのを意味して言葉的には自分の影を相手にして練習するのを意味してますがin the darkつまり暗闇の中でshadowは存在することができないので「意味のないことをやっている」と訳してみました。


[2] That’s a four-alarm fire now
ここは「four-alarm fire」の意味がわからないとどういうこと?みたいな感じですね。「four-alarm fire」だけじゃなくてone-alarm fires, two-alarm fires, three-alarm firesなど火災の深刻度を段階にした用語でアメリカとカナダでよく使われてるようです。ちなみにfive alarm fireまであるらしいですが、高ければ高いほど大きい火事で出動する消防士さんの人数はもちろん消防車の台数などが増えるようです。fiveが一番ひどい火事ですが、four位も結構大きい火事のようなので「あんたが現れスパークを起こしたが、それがすごい火事だった」という意味になります。つまりあなたに出会ったことで地味で無意味な人生が燃えてきたということです。

大好きな曲ですが、なぜかまだ訳してなかったんだろう。。。^^;
Duke Ellingtonのナンバーで本当に沢山のミュージシャンに愛されてる曲です。
意味のない地味な人生を送ってきたんですが、「あなた」が現れて小さい火花で火災が発生するように人生がガラッと変わったという曲ですね。人生に明かりを与えてもらったラブ〜なんかいいですね。そのくらい180度変わるような恋ってなかなかできないですもん。
しかし燃えてくるのは全然いいですが、よくない相手に出会って良くない方向にガラッと変わるとそれも困りますけどね〜笑

Photo by FreeImages.com / Rodolfo Belloli

和訳の一覧ページはhttp://blog.theyannie.com/jazz-songs-lyrics-in-alphabetical-order/です。

ヤニは歌詞の日本語訳の専門家ではない上に日本語もうまくないです。なので、普段英語の曲の歌詞の翻訳を乗せてるほかのサイトのように詩のような表現などは書けないです。しかもジャズの歌詞は美しい表現はあるが意外と詩のようなお洒落で難しい表現は思ったより多くないです。元々は黒人の音楽で感情表現が豊かで素直な歌詞が多いと思います。

ヤニは歌詞だからわざわざ詩のようなお洒落な表現にする方が伝わりにくいと思いますのでわかりやすい翻訳をしていきたいと思います。そっちの方が演奏する際に気持ちが乗りやすいと思います。詩のようなお洒落な表現の翻訳が必要な方はほかのサイトを見て頂いたほうがいいと思います~^^