やぎやに 生配信 ギグ – 2022/1/16 SUN 7PM

My Heart Stood Still
作曲 Richard Rodgers 作詞 Lorenz Hart

Verse (Man)
I laughed at sweethearts
I met at schools
学生時代に出会った恋人達をあざけり笑った
All indiscreet hearts
Seemed romantic fools
軽く恋に落ちるすべての人達はロマンチックな愚者のように見えた
A house in Iceland
Was my heart’s domain[1]
私の心は氷ようだった
I saw your eyes
Now castles rise in Spain![2]
あなたと目が合った瞬間から空想にふける

Verse (Woman)
Through all my school days
I hated boys
私は学生時代ずっと男の子が嫌いだった
Those April Fool days
Brought me loveless joys
あのイタズラな日々は愛のない喜びをもたらした
I read my Plato
Love I thought a sin
プラトンを読み、私にとっては恋は罪のようなものだった
But since your kiss, I’m reading Mrs. Glyn[3]
しかしあなたとのキス以来、恋愛小説を読んでいる

Chorus
I took one look at you
That’s all I meant to do
あなたを一度見ただけだなのに
And then my heart stood still[4]
ドキッとした

My feet could step and walk
足はちゃんと歩けるし
My lips could move and talk
唇は動けて話せるのに
And yet my heart stood still
胸は苦しい

Though not a single word was spoken
I could tell you knew
一言も言われていなくても、私はあなたが気付いているということが分かった
That unfelt clasp of hands
Told me so well you knew
その感じられない手の組み方からあなたが気づいてることがわかった

I never lived at all
Until the thrill of that moment when
My heart stood still
私の心臓が止まりそうだったその瞬間のスリルまで、私はまともに生きてきてない

  1. A house in Iceland was my heart’s domain 直訳すると「アイスランドにある家が私の心の領地だった」です。つまり常に寒いアイスランドのような心を持っていた意味です。
  2. I saw your eyes now castles rise in Spain!
    castle rise in spainは「My Romance」という曲の歌詞を説明するときに説明したこともありますが、「castle in spain」は「目覚めながら夢見ているようなぼんやりとした状態」を意味していて表現としては「叶えられないことまたは現実に起こるはずのないこと」を意味してます。つまりこの歌詞ではあなたの目を見ただけでいろんなことを妄想するという意味です。そして和訳的には目が合った瞬間と書きましたが英語的にはあなたの目を見た瞬間になりますが、全体的な雰囲気を考えて「目が合った」という表現を使ってみました。
  3. But since your kiss, I’m reading Mrs. Glyn
    「Mrs. Glyn」はイギリスの小説家「Elinor Glyn」のことです。特に恋愛小説で有名な作家さんでした。つまり「Mrs. Glynを読んでいる」=「恋愛小説を読んでいる」ということになります。
  4. My heart stood still
    直訳すると「心臓が止まった」という意味で、よくびっくりした時などの(いいか悪いかはおいといて)極端な感情の瞬間の気持ちを表現するときに使われています。なので日本語的にはシチュエーションによっていろんな役ができますね。この歌詞は一目惚れしたような状況なので「ドキッとした」とか「胸が苦しい」という表現を使ってみました。

今回は結構古い曲です。1927年にロンドンで公演した「One Dam Thing after Another」というレビュー(revue:舞台芸能の一)に使われた曲であの有名な大ヒットメーカーのコンビであるRichard RodgersとLorenz Hartによる作品です。
2人が「One Dam Thing after Another」の指揮者としてRobert Russell Bennettを誘うためにフランスに行ったときに乗っていたタクシーに向かって廃車しそうなボロボロなトラックが突進してきて事故りそうになった時に一緒に乗っていた女性がひっくりして「Oh! My heart stood still!」と恐怖の中で叫んだことが曲の素材になったようです。
歌詞の内容は事故りそうになった出来事と全然関係ないですが、とても素敵な曲になったのは確かですね。

この曲のVerseは男性と女性バージョンがあります。二つのバージョン共に共通してるのは「今まで恋を否定してたんだけど、あなたに出会って恋に落ちてしまった」という内容です。
心臓が止まりそうになるほど「ドキッとした」ことありますか?歌詞の内容だと一目惚れのようですが、そういう時って相当見た目とか雰囲気が理想じゃない限り難しいことじゃないかと思いますね。
この曲を歌う時には一目惚れした相手が前にいると想像しながら歌ってみたらいかがでしょうか?
今日も楽しいジャズ活を〜

Photo by pixabay.com / JessBaileyDesign

和訳の一覧ページはhttp://blog.theyannie.com/jazz-songs-lyrics-in-alphabetical-order/です。

ヤニは歌詞の日本語訳の専門家ではない上に日本語もうまくないです。なので、普段英語の曲の歌詞の翻訳を乗せてるほかのサイトのように詩のような表現などは書けないです。しかもジャズの歌詞は美しい表現はあるが意外と詩のようなお洒落で難しい表現は思ったより多くないです。元々は黒人の音楽で感情表現が豊かで素直な歌詞が多いと思います。

ヤニは歌詞だからわざわざ詩のようなお洒落な表現にする方が伝わりにくいと思いますのでわかりやすい翻訳をしていきたいと思います。そっちの方が演奏する際に気持ちが乗りやすいと思います。詩のようなお洒落な表現の翻訳が必要な方はほかのサイトを見て頂いたほうがいいと思います~^^