All of me

All of me
written by Gerald Marks and Seymour Simons

ジャズの入門時に必ず歌う曲の一つですね。普通に話してる感じの文章で凄く素直な歌詞です。今回の翻訳も喋ってるような感じでやります〜^^

All of me, why not take all of me?
私のすべてをなんで持っていかないの?
Can’t you see I’m no good without you?
貴方じゃないと私は駄目なのが分からないの?

Take my lips, I want to lose them
私の唇を持って行って、奪われたいから。
Take my arms, I’ll never use them
私の腕を持って行って、もう使わないから。

Your goodbye left me with eyes that cry
貴方に別れを告げられて私は泣くことしかできない。
How can I go on, dear, without you?
貴方なしで私はどう生きて行ければいいの?
You took the part that once was my heart
貴方は私のハートを持って行ったの。
So why not take all of me?
だから私のすべてを持って行かない?

ジャズを歌うようになった人は多分この曲でスタートした人も多いんじゃないかと思います。ジャズを普段あんまり聞いてない人も知ってる曲ですから~ 逆に有名すぎて個性を付けないとつまらなく聞こえるのがハードルが高いが意外とライブではそんなに歌われてない感じもしますが。。。ちなみにヤニは良く歌うほうです。歌いすぎてる感じ位^^知られてる曲ですが歌いだすとお客様が喜ぶのでヤニは歌っちゃいます~

自分の個性を付けて皆歌っちゃいましょうね~^^

和訳の一覧ページはhttp://blog.theyannie.com/jazz-songs-lyrics-in-alphabetical-order/です。

ヤニは歌詞の日本語訳の専門家ではない上に日本語もうまくないです。なので、普段英語の曲の歌詞の翻訳を乗せてるほかのサイトのように詩のような表現などは書けないです。しかもジャズの歌詞は美しい表現はあるが意外と詩のようなお洒落で難しい表現は思ったより多くないです。元々は黒人の音楽で感情表現が豊かで素直な歌詞が多いと思います。

ヤニは歌詞だからわざわざ詩のようなお洒落な表現にする方が伝わりにくいと思いますのでわかりやすい翻訳をしていきたいと思います。そっちの方が演奏する際に気持ちが乗りやすいと思います。詩のようなお洒落な表現の翻訳が必要な方はほかのサイトを見て頂いたほうがいいと思います~^^


YANNIE

ヤニは東京を中心としてライブ活動してるジャスシンガーです。コンボはもちろんビッグバンドまで幅広く歌ってます。ジャズの良さを皆様とシェアできたらいいなぁ~と思ってます。 YANNIE is a jazz singer who lives in Tokyo, Japan and performs regularly, from combo to big band. She wants to share the wonderfulness of jazz with everybody who loves music.

Leave a Reply

Your email address will not be published.