やぎやに 生配信 ギグ – 2022/3/20 SUN 7PM

↑著作権の問題で英語の歌詞はYouTubeのコミュニティーにアップしました。

How high the moonの歌詞の日本語訳 by YANNIE
作曲 Nancy Hamilton 作詞 Morgan Lewis

Verse
恋に落ちるまでは気楽に過ごしてきた
月が存在するだけで素敵な気分になり
そよ風に吹かれるだけで元気になった
それから私は恋に落ち、何も問題なかったことが
今はほとんどダメになった

Chorus
A
どこかに音楽が流れているが、とてもかすかだ
どこか天国があるだろうが月もとても高い

B
空から月が見えない
私の恋も届かない
私の気持ちと同じ位あなたも私を愛してくれるまで

A
どこかに音楽が流れているが、
近いような遠いような
どこか天国があるだろうが
そここそあなたがいる処

C
あなたがすぐ私に来てくれれば暗い夜はきらめくだろう
あなたに私の心を奪われるまで
月もとても高い

How high the moonは「Two for the Show」というミュージカルの曲です。
恋に落ちると人は月を見ますよね~月はセンチメンタルな要素を持ってるんでしょうね。
暗い夜空に一人ぼっちのような月。
恋に落ちて月をよく見てる人は片思いが多いかもしれませんね。
そういう人の気持ちをよく表してるHow high the moonですが、個人的には超高速で歌ってるエラのライブバージョンが好きです。
しかしMel Tormeのバージョンはバースがあるので是非聞いて貰いたいです。バースの歌詞がわかると全体的な歌詞の流れがもっとわかりやすくなりますから〜 ^^

和訳の一覧ページはhttp://blog.theyannie.com/jazz-songs-lyrics-in-alphabetical-order/です。

ヤニは歌詞の日本語訳の専門家ではない上に日本語もうまくないです。なので、普段英語の曲の歌詞の翻訳を乗せてるほかのサイトのように詩のような表現などは書けないです。しかもジャズの歌詞は美しい表現はあるが意外と詩のようなお洒落で難しい表現は思ったより多くないです。元々は黒人の音楽で感情表現が豊かで素直な歌詞が多いと思います。

ヤニは歌詞だからわざわざ詩のようなお洒落な表現にする方が伝わりにくいと思いますのでわかりやすい翻訳をしていきたいと思います。そっちの方が演奏する際に気持ちが乗りやすいと思います。詩のようなお洒落な表現の翻訳が必要な方はほかのサイトを見て頂いたほうがいいと思います~^^