やぎやに 生配信 ギグ - 2021/09/20 Mon 7PM 「仲秋の候」(祝日 敬老の日)

The Nearness of You

作曲 Hoagy Carmichael  作詞 Ned Washington

Verse
Why do I just wither and forget all resistance
When you and your magic pass by
あなたとあなたの魔法が通り過ぎちゃうとなぜ弱くなって抵抗ができなくなるんだろう
My hearts in a dither dear
When you’re at a distance
あなたが遠くにいると私の心はおろおろする
But when you are near, oh my
しかしあなたが近くにいると、それは…

Chorus
It’s not the pale moon that excites me
That thrills and delights me
Oh no, it’s just the nearness of you
私を興奮させ、わくわくさせ、喜ばせるのはおぼろな月ではなくあなたのそばににいることよ

It isn’t your sweet conversation
That brings this sensation
Oh no, it’s just the nearness of you
説明もできないこの気持ちの理由はあなたとのスウィートな会話ではなくあなたのそばににいるからよ

When you’re in my arms
And I feel you so close to me
All my wildest dreams came true
あなたを抱きしめてるとあなたのことをすごく近くに感じて途方もない夢が叶ったようだ

I need no soft lights to enchant me
If you will only grant me
The right to hold you ever so tight
And to feel in the night
The nearness of you
あなたをギュッと強く抱きしめて夜に近くにいるあなたのことを感じることを許してもらえるなら私の心を奪うための柔らかな光は必要ないよ

 

ボサノヴァもいけるしスウィングもいけるし~テンポも特に縛りがなくジャズだからこそできるその場のよっていろんな雰囲気の曲が結構できる曲だと思います。テンポよくボサノヴァで歌う人も結構いますが、ヤニはスウィングバラードで歌うのを好みます。なぜでしょう~^^ ボサノヴァも歌ってみましたが、なぜか来ないですよね。。。

この曲もほぼ4つの文章でできてる感じなので歌うときの感情はまとめて表現するのがいいと思います。

英語的に特に難しいところはないので愛する人と近くにいるからこそ感じられる幸せをそうぞずしながら歌いましょう。

Photo by FreeImages.com / Bartek Ambrozik

そして下にYANNIEが歌った動画(Verse付き)もリンクを貼っておきましたので聞いていただけたら嬉しいです!😁

そして下の方に皆さんが練習する時に使えそうな伴奏を作ってのURLをつけておきました。ミュージシャンが演奏した音源で作った伴奏なのでmidiと違ってノリノリで歌えます。もちろんイントロもあるので歌の練習にバッチリです。女性と男性そしてボサノヴァ、バラードからも選ぶことができます。みんなジャズボーカル頑張りましょう!^^

女性キーのイントロ付きの伴奏(バラード)

女性キーのイントロ付きの伴奏(ボサノヴァ)

男性キーのイントロ付きの伴奏(バラード)

男性キーのイントロ付きの伴奏(ボサノヴァ)

和訳の一覧ページはhttp://blog.theyannie.com/jazz-songs-lyrics-in-alphabetical-order/です。

ヤニは歌詞の日本語訳の専門家ではない上に日本語もうまくないです。なので、普段英語の曲の歌詞の翻訳を乗せてるほかのサイトのように詩のような表現などは書けないです。しかもジャズの歌詞は美しい表現はあるが意外と詩のようなお洒落で難しい表現は思ったより多くないです。元々は黒人の音楽で感情表現が豊かで素直な歌詞が多いと思います。

ヤニは歌詞だからわざわざ詩のようなお洒落な表現にする方が伝わりにくいと思いますのでわかりやすい翻訳をしていきたいと思います。そっちの方が演奏する際に気持ちが乗りやすいと思います。詩のようなお洒落な表現の翻訳が必要な方はほかのサイトを見て頂いたほうがいいと思います~^^