The Nearness of You

The Nearness of You
作曲 Hoagy Carmichael  作詞 Ned Washington

It’s not the pale moon that excites me
That thrills and delights me
Oh no, it’s just the nearness of you
私を興奮させ、わくわくさせ、喜ばせるのはおぼろな月ではなくあなたのそばににいることよ

It isn’t your sweet conversation
That brings this sensation
Oh no, it’s just the nearness of you
説明もできないこの気持ちの理由はあなたとのスウィートな会話ではなくあなたのそばににいるからよ

When you’re in my arms
And I feel you so close to me
All my wildest dreams came true
あなたを抱きしめてるとあなたのことをすごく近くに感じて途方もない夢が叶ったようだ

I need no soft lights to enchant me
If you will only grant me
The right to hold you ever so tight
And to feel in the night
The nearness of you
あなたをギュッと強く抱きしめて夜に近くにいるあなたのことを感じる権利を認めてくれたら私の心を奪うための柔らかな光は必要ないよ

 

ボサノヴァもいけるしスウィングもいけるし~テンポも特に縛りがなくジャズだからこそできるその場のよっていろんな雰囲気の曲が結構できる曲だと思います。テンポよくボサノヴァで歌う人も結構いますが、ヤニはスウィングバラードで歌うのを好みます。なぜでしょう~^^ ボサノヴァも歌ってみましたが、なぜか来ないですよね。。。
この曲もほぼ4つの文章でできてる感じなので歌うときの感情はまとめて表現するのがいいと思います。
英語的に特に難しいところはないので愛する人と近くにいるからこそ感じられる幸せをそうぞずしながら歌いましょう。

Photo by FreeImages.com / Bartek Ambrozik

和訳の一覧ページはhttp://blog.theyannie.com/jazz-songs-lyrics-in-alphabetical-order/です。

ヤニは歌詞の日本語訳の専門家ではない上に日本語もうまくないです。なので、普段英語の曲の歌詞の翻訳を乗せてるほかのサイトのように詩のような表現などは書けないです。しかもジャズの歌詞は美しい表現はあるが意外と詩のようなお洒落で難しい表現は思ったより多くないです。元々は黒人の音楽で感情表現が豊かで素直な歌詞が多いと思います。

ヤニは歌詞だからわざわざ詩のようなお洒落な表現にする方が伝わりにくいと思いますのでわかりやすい翻訳をしていきたいと思います。そっちの方が演奏する際に気持ちが乗りやすいと思います。詩のようなお洒落な表現の翻訳が必要な方はほかのサイトを見て頂いたほうがいいと思います~^^


YANNIE

ヤニは東京を中心としてライブ活動してるジャスシンガーです。コンボはもちろんビッグバンドまで幅広く歌ってます。ジャズの良さを皆様とシェアできたらいいなぁ~と思ってます。 YANNIE is a jazz singer who lives in Tokyo, Japan and performs regularly, from combo to big band. She wants to share the wonderfulness of jazz with everybody who loves music.

Leave a Reply

Your email address will not be published.