やぎやに 生配信 ギグ – 2021/11/14 SUN 7PM

In the Still of the Night
Music by Cole Porter

In the still of the night
夜の静けさの中で
As I gaze from my window
At the moon in its flight
窓から月が飛んでいるのを見ると
My thoughts all stray to you
あなたしか考えられなくなる

In the still of the night
夜の静けさの中で
All the world is in slumber
All the times without number
Darling when I say to you
ダーリン、私が君に何度も何度も言う時、世界中は眠っている

Do you love me, as I love you
私があなたを愛しているようにあなたも私を愛しているの?
Are you my life to be,
あなたは私と将来を共にする人かな?
My dream come true
夢に描いたのはあなたかしら?
Or will this dream of mine fade out of sight
Like the moon growing dim, on the rim of the hill
それとも丘のふちに月が薄暗くなるように、私の夢は消え去るだろうか
In the chill, still of the night
寒い夜の静けさの中で

1937年、今回も古い曲です。(大体スタンダードは古いですが。。。😅)
「コール・ポーター」の曲の割にエッジの効いた曲じゃないですね。構成はかわってるんですが。(悪いと言ってるわけではないです。🤣)
1928年のブロードウェイミュージカル「Rosalie」の映画版の挿入曲で、元々ブロードウェイミュージカルは「Sigmund Romberg」と「George Gershwin」による曲でしたが、映画版の音楽にはミュージカルは全然使われず、全て「コール・ポーター」によって新しくなりました。「コール・ポーター」の素晴らしい作品にもかかわらず、残念ながら映画は評判が悪かったらしいです。
映画でこの曲を歌うことになっていた「Nelson Eddy」は最初はこの曲は難しすぎて別の曲を作ってもらいたいと「Cole Porter」にお願いしたようです。しかし「Cole Porter」は俳優さんの要請に対して映画のプロデューサーである「L.B. Mayer」に音楽を聴かせ、プロデューサーが選択する様にした様です。もちろんプロデューサーは涙を流すくらい曲に感動してこの曲は使われることになりました。別の曲にしてほしいとお願いした「Nelson Eddy」は快くこの曲を歌っただけでなく,レパートリーの一曲にしたらしいです。いい曲はやはり認められるんですよね!あの「Nelson Eddy」が歌った曲も下に貼っておきますので是非効いてみてください。

静寂な夜の感性とともに恋に落ちている男の気持ちを美しいメロディーで表現した曲だと思います。今回はちょっと意訳が多めかな?直訳だと雰囲気が伝わらなかったのでなるべくわかりやすい表現で訳してみました。
72小節という珍しい構成で音域も広いので難しい曲ですが、やはり難しい分、歌いがいのある曲なので挑戦してみましょう!

今日も楽しいジャズ活を!

Image by Arek Socha from Pixabay

 

和訳の一覧ページはhttp://blog.theyannie.com/jazz-songs-lyrics-in-alphabetical-order/です。

ヤニは歌詞の日本語訳の専門家ではない上に日本語もうまくないです。なので、普段英語の曲の歌詞の翻訳を乗せてるほかのサイトのように詩のような表現などは書けないです。しかもジャズの歌詞は美しい表現はあるが意外と詩のようなお洒落で難しい表現は思ったより多くないです。元々は黒人の音楽で感情表現が豊かで素直な歌詞が多いと思います。

ヤニは歌詞だからわざわざ詩のようなお洒落な表現にする方が伝わりにくいと思いますのでわかりやすい翻訳をしていきたいと思います。そっちの方が演奏する際に気持ちが乗りやすいと思います。詩のようなお洒落な表現の翻訳が必要な方はほかのサイトを見て頂いたほうがいいと思います~^^