やぎやに 生配信 ギグ – 2021/11/14 SUN 7PM

I’ll Close My Eyes
作曲 Billy Reid  作詞 Buddy Kaye

Verse
Heaven sends a song through its doors
天国からの歌が送られて来てます
Just as if it seems to know,
まるで天国が知ってるように
I’m exclusively yours
私はもっぱら貴方のものです。

Knowing this, I feel but one way
知ってるからこれひとつしか考えられないです
You will understand too, in these words that I say
貴方もわかってくれると思うこの言葉を言います

Chorus
I’ll close my eyes to everyone but you
あなた以外の人には目を閉じます
And when I do, I’ll see you standing there
そうするとあなたがあそこにいるでしょう
I’ll lock my heart to any other caress
他の人に愛撫されても心を閉します
I’ll never say yes to a new love affair
新しい恋愛には絶対YESといわないです

I’ll close my eyes to everything that’s gay
If you’re not there, to share each lovely day
素敵な日々をあなたと過ごせないなら楽しいこと全てに目を閉じます
And through the years, those moments
When we’re far apart
そして何年もわたって私達が遠く離れてる時も
I’ll close my eyes and see you with my heart
目を閉じで心で貴方に会います

インストのミュージシャン達に好かれてる曲ですね。自分的にはThere Will Never Be Another Youと結構同じ印象です。私にはあなたしかいないという内容も共通するし、明るい雰囲気も同じたし。しかしこの曲は発売後新しい歌詞が付けられた歴史を持ってます。
1945年の曲でオリジナルバージョンはイギリスのミュージシャンであるBilly Reidが作曲作詞したものです。現在一般的に演奏されてるバージョンはアメリカのミュージシャンであるBuddy Kayeがつけた歌詞です。Billy Reidが作詞したオリジナルバージョンはバカげたまねをして恋を失った後後悔する内容ですが、新しい歌詞はもっと前向きでポジティブで、オリジナルの歌詞の方がずっと寂しいです。オリジナルバージョンの歌詞も下に書いておきますので是非読んでみてください。
そして  Dorothy Squiresが歌ったオリジナルバージョンの音源も下にリンク付けておきますので是非聞いてみてもらいたいです。ちなみにオリジナルバージョンではバースが途中に出てます。

=====オリジナルバージョンの歌詞=====
Verse
Happiness is passing me by
Can it be that once again I was reaching too high
Love was mine, you gave me a chance
But my heart was not content and I lost my romance

Chorus
I’ll close my eyes
And make believe it’s you
If other lips
Should speak of love divine

The stars were mine
But I just reached for the Moon
And found all too soon
It was not to be mine

I’ll close my eyes
If you should pass me by
With someone else
Maybe who loves you too

I may be lonely
But when I see the Moon tonight
I’ll close my eyes
And make believe it’s you

どうですか?結構違いますよね?もうちょっと落ち着いてる雰囲気で歌ってみたい人はオリジナルバージョンの歌詞で歌ってみるのもいいと個人的に思います。是非チャレンジしてみてください!

Photo by FreeImages.com / peter gustafson

そして下の方に皆さんが練習する時に使えそうな伴奏を作ってのURLをつけておきました。ミュージシャンが演奏した音源で作った伴奏なのでmidiと違ってノリノリで歌えます。もちろんイントロもあるので歌の練習にバッチリです。女性と男性そしてスウィング、ボサノヴァ、バラードからも選ぶことができます。みんなジャズボーカル頑張りましょう!^^

女性キーのイントロ付きの伴奏(スウィング)

女性キーのイントロ付きの伴奏(ボサノヴァ)

女性キーのイントロ付きの伴奏(バラード)

男性キーのイントロ付きの伴奏(スウィング)

男性キーのイントロ付きの伴奏(ボサノヴァ)

男性キーのイントロ付きの伴奏(バラード)

和訳の一覧ページはhttp://blog.theyannie.com/jazz-songs-lyrics-in-alphabetical-order/です。

ヤニは歌詞の日本語訳の専門家ではない上に日本語もうまくないです。なので、普段英語の曲の歌詞の翻訳を乗せてるほかのサイトのように詩のような表現などは書けないです。しかもジャズの歌詞は美しい表現はあるが意外と詩のようなお洒落で難しい表現は思ったより多くないです。元々は黒人の音楽で感情表現が豊かで素直な歌詞が多いと思います。

ヤニは歌詞だからわざわざ詩のようなお洒落な表現にする方が伝わりにくいと思いますのでわかりやすい翻訳をしていきたいと思います。そっちの方が演奏する際に気持ちが乗りやすいと思います。詩のようなお洒落な表現の翻訳が必要な方はほかのサイトを見て頂いたほうがいいと思います~^^