やぎやに 生配信 ギグ – 2022/3/20 SUN 7PM

Night and Day
作曲、作詞 Cole Porter

Verse
Like the beat beat beat of the tom-tom
When the jungle shadows fall
ジャングルの影が落ちてくる時のトムトムドラムの拍子のように
Like the tick tick tock of the stately clock
As it stands against the wall
壁の横に立っている立派な柱時計のチクタクの音のように
Like the drip drip drip of the raindrops
When the summer shower is through
夏のにわか雨が止んできた時にポタリポタリと落ちる雨だれのように
So a voice within me keeps repeating you, you, you
You, you, youと繰り返して聞こえてくる内なる声

Chorus

Night and day, you are the one
夜と昼、あなたしかいない
Only you beneath the moon and under the sun
月と太陽の下にあなたしかいない
Whether near to me or far
近くにいても遠くにいても
It’s no matter darling where you are
あなたがどこにいても構わない
I think of you Night and day
昼夜を問わずあなたのことを想う

Day and night, why is it so
That this longing for you follows wherever I go
昼も夜も、なぜどこに行ってもあなたへの憧れに付きまとわれているのかしら
In the roaring traffic’s boom
轟く交通渋滞の中で
In the silence of my lonely room
孤独な部屋の静けさの中で
I think of you Night and day
昼夜を問わずあなたのことを想う

Night and day
夜も昼も
Under the hide of me
私の心の中には
There’s an oh such a hungry yearning burning inside of me
飢えた渇望が自分の中で燃えている
And its torment won’t be through
‘til you let me spend my life making love to you
あなたを愛しながら私の人生を過ごさせてくれるまで、その苦痛は終わらないだろう
Day and night, night and day
ずっとずっと

NHKの朝ドラ「カムカムエヴリバディ」に出るジャズ喫茶が「ナイトアンドデイ」で、この頃皆様にお馴染みの曲名だと思います。
コール・ポーター様の名曲の一つであるこの曲は1932年のGay Divorce というミュージカルの曲です。後でThe Gay Divorceeという映画にも使われてます。

この曲の由来については、いくつかの説があります。 ポーターがモロッコを訪れたとき、イスラムの祈りにインスパイアされたという説、オハイオ州クリーブランドハイツにあるアルカザールホテルのムーア風の建築物から着想を得た説、他の説は彼がイタリアへの新婚旅行中に訪れたラヴェンナのガッラ・プラキディア廟堂のモザイク画からインスピレーションを得たということです。

一派的にスタンダードはAABAのように32小節ですが、この曲は48小節のABABCBという変わった構成です。キャッチでありつつ個性的な曲で、ある意味典型的なコール・ポーター様の曲かもと思いました。特にバースのところは同じ音がずっと続くので歌う際にリズムに乗らないとすごくつまらない歌になるので感情を入れつつ歌詞とのバランスを考えながら表現していく方がいいと思います。

この曲は歌詞にビジュアル的な要素が多いので頭でその映像を想像しながら歌うのがいいと思います。下に1934年の映画「The Gay Divorcee」のバージョンをつけておきましたのでぜひ聞いてみてください。

今日も楽しいジャズ活を〜

Photo by Pixabay.com / Comfreak

そして下にYANNIEが歌った動画もリンクを貼っておきましたので聞いていただけたら嬉しいです!😁

和訳の一覧ページはhttp://blog.theyannie.com/jazz-songs-lyrics-in-alphabetical-order/です。

ヤニは歌詞の日本語訳の専門家ではない上に日本語もうまくないです。なので、普段英語の曲の歌詞の翻訳を乗せてるほかのサイトのように詩のような表現などは書けないです。しかもジャズの歌詞は美しい表現はあるが意外と詩のようなお洒落で難しい表現は思ったより多くないです。元々は黒人の音楽で感情表現が豊かで素直な歌詞が多いと思います。

ヤニは歌詞だからわざわざ詩のようなお洒落な表現にする方が伝わりにくいと思いますのでわかりやすい翻訳をしていきたいと思います。そっちの方が演奏する際に気持ちが乗りやすいと思います。詩のようなお洒落な表現の翻訳が必要な方はほかのサイトを見て頂いたほうがいいと思います~^^