Ev’ry Time We Say Goodbye

Ev’ry Time We Say Goodbye
作曲、作詞 Cole Porter

Every time we say goodbye, I die a little,
サヨナラするたびに辛いの
Every time we say goodbye, I wonder why a little,
サヨナラするたびになぜ別れなきゃいけないかと思う
Why the Gods above me, who must be in the know.
天国の神様は分かってるはずなのに
Think so little of me, they allow you to go.
あなたを行かせるなんて、神様は私のことをあんまり気遣ってない

When you’re near, there’s such an air of spring about it,
あなたが側にいると春のように感じる
I can hear a lark somewhere, begin to sing about it,
歌い始めるヒバリの鳴き声がどこから聞こえる
There’s no love song finer, but how strange the change from major to minor,
Every time we say goodbye.
これ以上のラブソングはないけどサヨナラするたびに歌が悲しい雰囲気に変わるのはいったいどうしたことだろう

愛する人が傍にいる時幸せになる分、離れる際はその分つらくなる恋人の気持ちを美しく表現してる曲です。今回は意訳しましたが「the change from major to minor」というところの直訳は「メジャーからマイナーへの変化」で、音楽のメジャーの明るい雰囲気から暗い雰囲気のマイナーへの変化という表現を使って比喩してます。実際に原曲はA♭ majorではじめ、A♭ minorで終わってます。歌詞と音楽のシンクロ率高い!流石 Cole Porter です。
こういう展開の曲を書いてくれたCole Porterのためにも気持ちの変化をうまく表現して歌うのがこの曲の重要なポイントだと思います。Photo by FreeImages.com / fa snail

和訳の一覧ページはhttps://blog.theyannie.com/jazz-songs-lyrics-in-alphabetical-order/です。

ヤニは翻訳の専門家ではない上に日本語もうまくないです。なので、普段英語の曲の歌詞の翻訳を乗せてるほかのサイトのように詩のような表現などは書けないです。しかもジャズの歌詞は美しい表現はあるが意外と詩のようなお洒落で難しい表現は思ったより多くないです。元々は黒人の音楽で感情表現が豊かで素直な歌詞が多いと思います。

ヤニは歌詞だからわざわざ詩のようなお洒落な表現にする方が伝わりにくいと思いますのでわかりやすい翻訳をしていきたいと思います。そっちの方が演奏する際に気持ちが乗りやすいと思います。詩のようなお洒落な表現の翻訳が必要な方はほかのサイトを見て頂いたほうがいいと思います~^^


YANNIE

ヤニは東京を中心としてライブ活動してるジャスシンガーです。コンボはもちろんビッグバンドまで幅広く歌ってます。ジャズの良さを皆様とシェアできたらいいなぁ~と思ってます。 YANNIE is a jazz singer who lives in Tokyo, Japan and performs regularly, from combo to big band. She wants to share the wonderfulness of jazz with everybody who loves music.

Leave a Reply

Your email address will not be published.