‘Tis Autumn

‘Tis Autumn
作詞・作曲 Henry Nemo

‘Tis autumnはIt is Autumnの詩などで良く出る縮約形です。
この曲の歌詞は秋の風景を映像のように表現してます。時に擬人化をしてる文章はそのまま通訳すると伝わりにくい感じになるので意訳の方がこの曲の雰囲気をちゃんと伝えられると思います。

A1
Old Father Time checked so there’d be no doubt
Called on the north wind to come on out
時の神様は確信できるよう時間を確認してから北風を呼び出したよ
Then cupped his hands so proudly to shout
“La-de-da de-la-de-dum, ’tis autumn”
その後時の神様は手のひらを丸め口にあてて見事に「La-de-da de-la-de-dum, 秋だよ」って大声を出したの

Old Father Timeの適切な翻訳は多分日本語だと時の神様だと個人的に思います。辞書だと時の翁って出ます。もちろん問題ない表現ですがFather TimeってMother Natureとセットで使われてる言葉ですが英語圏は唯一神なので自然とか時間とか擬人化するんですが、日本ではいろんな神様が存在する文化なので日本の感覚だと時の神様にしても全然問題ないと個人的に思います。

A2
The trees say they’re tired they bore too much fruit
果実を実り過ぎて疲れてるって木は言ってる。
Charmed all the wayside there’s no dispute
Now shedding leaves they don’t give a hoot
間違いなく道ばたを綺麗な紅葉で飾って皆を喜ばせたがもう落ちてる紅葉はそんなの全然かまわないの
La-de-da de-la-de-dum, ’tis autumn

B
Then the birds got together
To chirp about the weather
それに鳥は天気のことを相談するために集まってきたの
After makin’ their decision
In birdie-like precision
鳥らしく的確な結論を出して
Turned about and made a bee-line to the south
方向を変えて南へ真っ直ぐ進んていたよ

A3
My holding you close is really no crime
Ask the birds the trees and Old Father Time
It’s just to help the mercury climb
貴方に抱き着いてるのは罪にならないの
鳥に木に時の神様に聞いてみればわかるはず
寒くなってるから温めるのに役に立つに過ぎないからね
La-de-da de-la-de-dum, ’tis autumn

最後にmercury climbという表現を考えてみたいです。mercuryは水銀という意味で温度計に使われてます。だからmercury climbというのは水銀が上がるという意味で気温が上がる意味です。つまり「help the mercury climb」は「気温を上げるのを助ける」という意味で貴方に抱きついていると温かいから罪になるはずがないという結構面白い表現を使ってます。

もう秋ですね。しかしまた裏切られて熱くなるんじゃないかとまだ衣替えがなかなかできないですね~^^
今週末は衣替えやります~

Photo by FreeImages.com / Brian Lary

Stacey Kentの’Tis Autumn。今のところいろんな’Tis Autumnの中で個人的にこれが一番好きかもしれません。^^

Ella FitzgeraldとJoe Pass の ‘Tis Autumnです。Stacey Kentとまた違う雰囲気で大人の秋~って感じです。

Carmen McRaeはビッグバンドと’Tis Autumnを表現しましたね~素敵~

Autumn Songs

秋の曲の和訳特集はここから!

季節感のある曲の和訳

季節毎にまとめたリストはここ!

ジャズの曲の和訳

アルファベット順で全部確認可能!

和訳の一覧ページはhttps://blog.theyannie.com/jazz-songs-lyrics-in-alphabetical-order/です。

ヤニは翻訳の専門家ではない上に日本語もうまくないです。なので、普段英語の曲の歌詞の翻訳を乗せてるほかのサイトのように詩のような表現などは書けないです。しかもジャズの歌詞は美しい表現はあるが意外と詩のようなお洒落で難しい表現は思ったより多くないです。元々は黒人の音楽で感情表現が豊かで素直な歌詞が多いと思います。

ヤニは歌詞だからわざわざ詩のようなお洒落な表現にする方が伝わりにくいと思いますのでわかりやすい翻訳をしていきたいと思います。そっちの方が演奏する際に気持ちが乗りやすいと思います。詩のようなお洒落な表現の翻訳が必要な方はほかのサイトを見て頂いたほうがいいと思います~^^


YANNIE

ヤニは東京を中心としてライブ活動してるジャスシンガーです。コンボはもちろんビッグバンドまで幅広く歌ってます。ジャズの良さを皆様とシェアできたらいいなぁ~と思ってます。 YANNIE is a jazz singer who lives in Tokyo, Japan and performs regularly, from combo to big band. She wants to share the wonderfulness of jazz with everybody who loves music.

Leave a Reply

Your email address will not be published.