やぎやに 生配信 ギグ - 2021/09/20 Mon 7PM 「仲秋の候」(祝日 敬老の日)

You made me love you (I Didn’t Want to Do It)
作曲 James V. Monaco  作詞 Joseph McCarthy

You made me love you
あなたを愛するようになったのははあなたのせいよ
I didn’t want to do it
I didn’t want to do it
そうしたくなかったけど
You made me want to
あなたのことを愛したくなったのはあなたのせいよ
And all the time you knew it
あなたはずっと分かってたよね
I guess you always knew it
あなたは常に分かってたと思う

You made me happy sometimes
you made me glad
時にはあなたのお陰て幸せだったし、嬉しかったけど
But there were times
You made me feel so bad
あなたのせいで辛かった時もあったの

You made me sigh for
あなたのことで心を焦がした
I didn’t want to tell you
I didn’t want to tell you
あなたに伝えたくなかった
I want some love that’s true
真の愛が欲しかったの
Yes I do, deed I do, you know I do
そうそう、本当にそうよ、あなたも分かってるよね
Gimmie gimmie what I cry for
私が求めてるものをちょうだい
You know you got the brand of kisses that I die for
私のキスが大好きなんだもん
You know you made me love you
あなたを愛するようになったのははあなたのせいよ

この曲もなかなか直訳は訳しにくかったので意訳しました。1913年に作られた曲で結構古い曲です。(ジャススタンダードナンバーは古い曲がほとんどですけどね。 ^^;)1913年のレビュー「The Honeymoon Express」の挿入歌です。
自分の意志ではなく「あなたがそうさせたよ」と人のせいにしてます。笑
この曲の「You」は強力なフェロモンを出してる人かもしれませんね。愛したいと思ってもなかったのにいつの間に愛するようになって相当戸惑ってるんです。でも歌詞の内容的には片想いじゃないので、多分「Like」だと思って軽い気持ちで付き合ったのにいつの間にか「Love」になったという流れだと勝手に解釈しました。
ちょっと古い曲ですが、ノリのいい曲なので是非歌ってみたください。
下に「やぎやに」が歌ってる動画もリンクを載せましたので是非聞いてください。

Photo by FreeImages.com / Pontus Edenberg

和訳の一覧ページはhttp://blog.theyannie.com/jazz-songs-lyrics-in-alphabetical-order/です。

ヤニは歌詞の日本語訳の専門家ではない上に日本語もうまくないです。なので、普段英語の曲の歌詞の翻訳を乗せてるほかのサイトのように詩のような表現などは書けないです。しかもジャズの歌詞は美しい表現はあるが意外と詩のようなお洒落で難しい表現は思ったより多くないです。元々は黒人の音楽で感情表現が豊かで素直な歌詞が多いと思います。

ヤニは歌詞だからわざわざ詩のようなお洒落な表現にする方が伝わりにくいと思いますのでわかりやすい翻訳をしていきたいと思います。そっちの方が演奏する際に気持ちが乗りやすいと思います。詩のようなお洒落な表現の翻訳が必要な方はほかのサイトを見て頂いたほうがいいと思います~^^