やぎやに 生配信 ギグ – 2022/3/20 SUN 7PM

↑著作権の問題で英語の歌詞はYouTubeのコミュニティーにアップしました。

Fly Me to the Moonの歌詞の日本語訳 by YANNIE
作曲 作詞 Bart Howard

Verse
詩人は簡単なことを言うために
沢山の言葉を使う場合が多い
詩が歌えるようになるには
考えることと時間と韻が要る

私が演奏してきる音楽と歌詞で
あなたのために曲を作った
あなたに私が話してることを必ず分かってもらうために
訳しながら(説明しながら)話す

Chorus
A
私を月に連れて行って
沢山の星の中で遊ばせて
木星と火星の春の様子を見てみてみたい
言い換えると、私の手をつかんで
言い換えると、ダーリン、私にキスして

B
私のハートを歌で満たしてちょうだい
そしていつまでも歌わせて
あなたは私がずっと憧れていて崇拝し大好きである全てよ
言い換えれば私に真実であってほしい
言い換えれば貴方を愛してる

Fly Me to the Moon​って多分一番多くの日本人が知ってるジャズの曲って言っても過言ではないと思います。大ヒットアニメ「ヱヴァンゲリヲン」のエンディングテーマだったので若い人やジャズに興味のない人も知ってる超有名な曲です。
ラブソングなのに宇宙が出るというのはなぜなんだろうと思う人もいると思います。この曲は1964のフランクシナトラのバージョンとNASAのApollo space program深い関係しててApolloが月に着いた時初めて再生された曲でまさに時代と共にした曲だといえます。いかし歌詞の内容的に宇宙的な内容から一気にラブソングに変わる展開は歌詞を覚えにくいですよね~^^
Fly Me to the Moonの歌詞は内容的にはっきりこないところが結構あります。なぜ宇宙に連れて行ってと言ってるのにそれを言い換えればあなたを愛してるという意味か〜
それはバーズの意味をちゃんと考えるとわかります。

Photo by FreeImages.com / Fernando Weberich

今回、ブログのテキストで説明しきれない内容まで動画でまとめてみました。バースもちゃんと説明し、テキストよりもっと濃い内容になってます。そして発音も徹底的に分析した動画もあるので是非みてみてください。

そして下の方に皆さんが練習する時に使えそうな伴奏を作ってのURLをつけておきました。ミュージシャンが演奏した音源で作った伴奏なのでmidiと違ってノリノリで歌えます。もちろんイントロもあるので歌の練習にバッチリです。女性と男性キーそしてスィングとボサノヴァを選べられます。みんなジャズボーカル頑張りましょう!^^

Fキー(女性)のイントロ付きの伴奏(スウィング)

Fキー(女性)のイントロ付きの伴奏(ボサノヴァ)

オリジナルのCキー(男性)のイントロ付きの伴奏(スウィング)

オリジナルのCキー(男性)のイントロ付きの伴奏(ボサノヴァ)

YANNIEがverse付きで歌ったFly me to the moon

フランクシナトラバージョンです。やはりベタでいいですね~^^

ヱヴァンゲリヲンのテレビシリーズのエンディングに毎回流れたバージョンです。アニメの雰囲気と意外となじんでます。^^

和訳の一覧ページはhttps://blog.theyannie.com/jazz-songs-lyrics-in-alphabetical-order/です。

ヤニは翻訳の専門家ではない上に日本語もうまくないです。なので、普段英語の曲の歌詞の翻訳を乗せてるほかのサイトのように詩のような表現などは書けないです。しかもジャズの歌詞は美しい表現はあるが意外と詩のようなお洒落で難しい表現は思ったより多くないです。元々は黒人の音楽で感情表現が豊かで素直な歌詞が多いと思います。

ヤニは歌詞だからわざわざ詩のようなお洒落な表現にする方が伝わりにくいと思いますのでわかりやすい翻訳をしていきたいと思います。そっちの方が演奏する際に気持ちが乗りやすいと思います。詩のようなお洒落な表現の翻訳が必要な方はほかのサイトを見て頂いたほうがいいと思います~^^