I thought about you

I thought about you
作曲 Jimmy Van Heusen 作詞 Johnny Mercer

I took a trip on a train
列車で旅に出た
And I thought about you
そしてあなたのことを考えた
I passed a shadowy lane
暗い線路を通り過ぎた
And I thought about you
そしてあなたのことを考えた

Two or three cars parked under the stars
星空の下に止まってる2、3台の車
A winding stream
うねうねとした小川
Moon shining down on some little town
And with each beam, the same old dream
昔から変わらない夢を持つ明かりで小さい町を照らしてる月

And every stop that we made, oh, I thought about you
止まるたびにあなたのことを考えた
When I pulled down the shade then I really felt blue
日除けシェードを下げたらもっとブルーになった
I peeked through the crack, looked at the track
The one going back to you
割れ目を覗いてみてあなたに戻ってる線路を見た
And what did I do? I thought about you
そして私は何をしたか?あなたのことを考えた

 

この歌詞は作者が本当にシカゴへの列車で旅をしてたらしいです。歌詞のようにロマンチックではないですが、歌詞を書く仕事の依頼があった時にシカゴへ行くことになった話があります。多分仕事だけど歌詞を書く人は感情移入をしたほうが書きやすいので誰かを考えながら書いたでしょうね。
歌詞を読んでるとミュージックビデオが自然に浮かぶ感じでセンチメンタルな気持ちになります。
個人的に一番気に入るところは「I peeked through the crack, looked at the track The one going back to you」です。列車が動いて後ろに見えてる線路が逆にあなたに戻ってるように見えてる表現がすごくいいですね。列車が動いてるにもかかわらず相対的に線路が逆方向へ動いてる表現は素晴らしいと思いました。あなたに戻りたがってる私の気持ちのように~
ブルーな気持ちをうまく表現しながら歌ってみましょう~ Photo by FreeImages.com / mariusz pardon

和訳の一覧ページはhttps://blog.theyannie.com/jazz-songs-lyrics-in-alphabetical-order/です。

ヤニは翻訳の専門家ではない上に日本語もうまくないです。なので、普段英語の曲の歌詞の翻訳を乗せてるほかのサイトのように詩のような表現などは書けないです。しかもジャズの歌詞は美しい表現はあるが意外と詩のようなお洒落で難しい表現は思ったより多くないです。元々は黒人の音楽で感情表現が豊かで素直な歌詞が多いと思います。

ヤニは歌詞だからわざわざ詩のようなお洒落な表現にする方が伝わりにくいと思いますのでわかりやすい翻訳をしていきたいと思います。そっちの方が演奏する際に気持ちが乗りやすいと思います。詩のようなお洒落な表現の翻訳が必要な方はほかのサイトを見て頂いたほうがいいと思います~^^


YANNIE

ヤニは東京を中心としてライブ活動してるジャスシンガーです。コンボはもちろんビッグバンドまで幅広く歌ってます。ジャズの良さを皆様とシェアできたらいいなぁ~と思ってます。 YANNIE is a jazz singer who lives in Tokyo, Japan and performs regularly, from combo to big band. She wants to share the wonderfulness of jazz with everybody who loves music.

Leave a Reply

Your email address will not be published.