Smoke gets in your eyes

Smoke gets in your eyes
作曲 Jerome Kern  作詞 Otto Harbach

They asked me how I knew
My true love was true
彼らに私の真の愛が本当であることを私がなんで知っているか聞かれました
I of course replied
Something here inside cannot be denied
私は心の何かは否定できないともちろん答えました

They said someday you’ll find all who love are blind
When your heart’s on fire,
You must realize Smoke gets in your eyes
彼らにいつか愛するすべての人は盲目であることを貴方は分かるようになるし、あなたの心が燃えているときには煙が目に染みることを実感しなければならないと言われました

So I chaffed them and I gaily laughed
To think they could doubt my love
彼らが私の愛を疑えることに驚いたので、私は彼らをからかい、笑い飛ばしました
Yet today my love has flown away,
しかし今私の愛は去ってしまいました
I am without my love (without my love)
私は愛を失いました

Now laughing friends deride
バカにされ友達に笑われます
Tears I cannot hide
So I smile and say
When a lovely flame dies Smoke gets in your eyes
涙を隠せないので微笑みながら愛の炎が消えると煙が目に染みるよと私は言いました

超有名な曲です!多分この曲もジャズ聞かな人も知ってる曲だと思います。ポップとかロックのミュージシャンも結構歌ってる曲で歌い方によって色を変えられる曲でもあります。
1933年Robertaというミュージカルに使われてる曲で数えられない位沢山のミュージシャンがカバーしてますが多分一番知られてるバージョンは1958年のThe Plattersのバージョンだと思います。個人的にオススメしたいバージョンはKurt EllingのLive in Chicagoアルバムに入ってるバージョンです。2001年のグラミー賞のBest Vocal Jazz Albumにノミネートされたアルバムで是非聞いてもらいたいアルバムです!下に動画付けておきます~

 

Photo by FreeImages.com / Asif Akbar

和訳の一覧ページはhttp://blog.theyannie.com/jazz-songs-lyrics-in-alphabetical-order/です。

ヤニは歌詞の日本語訳の専門家ではない上に日本語もうまくないです。なので、普段英語の曲の歌詞の翻訳を乗せてるほかのサイトのように詩のような表現などは書けないです。しかもジャズの歌詞は美しい表現はあるが意外と詩のようなお洒落で難しい表現は思ったより多くないです。元々は黒人の音楽で感情表現が豊かで素直な歌詞が多いと思います。

ヤニは歌詞だからわざわざ詩のようなお洒落な表現にする方が伝わりにくいと思いますのでわかりやすい翻訳をしていきたいと思います。そっちの方が演奏する際に気持ちが乗りやすいと思います。詩のようなお洒落な表現の翻訳が必要な方はほかのサイトを見て頂いたほうがいいと思います~^^


YANNIE

ヤニは東京を中心としてライブ活動してるジャスシンガーです。コンボはもちろんビッグバンドまで幅広く歌ってます。ジャズの良さを皆様とシェアできたらいいなぁ~と思ってます。 YANNIE is a jazz singer who lives in Tokyo, Japan and performs regularly, from combo to big band. She wants to share the wonderfulness of jazz with everybody who loves music.

Leave a Reply

Your email address will not be published.