やぎやに 生配信 ギグ - 2021/09/20 Mon 7PM 「仲秋の候」(祝日 敬老の日)

Just Friends
作曲 John Klenner  作詞 Sam M. Lewis

Just friends, lovers no more
ただの友達、もう恋人同士ではないわ
Just friends, but not like before[1]
ただの友達、しかし昔とは違う友達
To think of what we’ve been
今まで私達がどういう関係だったか考えてみて
and not to kiss again
二度とキスをしないなんて
seems like pretending it isn’t the ending[2]
本当の別れじゃなくて別れたふりをしてるようだ

Two friends drifting apart
二人の友達が離れ離れになる
Two friends, but one broken heart
二人の友達、傷ついた心は一つ
We loved, we laughed, we cried, suddenly love died
私達は恋した、笑った、泣いた、突然恋は冷めた
The story ended, but we’re just friends
物語は終わったけど私達はただの友達

別れの歌です。しかし多分別れたいと思ってる人は一人だけだと思います。one broken heartsがそのヒットでこの歌を歌ってる側が別れたくなかったと思います。
別れたのに友達になるのは人によっては無理かもしれませんね〜^_^ 皆はどうです?友達になれます?^^

[1]「but not like before」は以前も友達だったという意味でこの歌に出る二人は「友達→恋人→友達」という関係を繰り返してるようです。

[2]ここの意味は訳でうまく伝わらないですが、意訳をすると「今までのキスするのが普通だった私達の関係を考えてみると別れているふりをしているようだ」みたいなだと思ってもらったらわかりやすいと思います。

Photo by FreeImages.com / Geri-Jean Blanchard

そして下の方に皆さんが練習する時に使えそうな伴奏を作ってのURLをつけておきました。ミュージシャンが演奏した音源で作った伴奏なのでmidiと違ってノリノリで歌えます。もちろんイントロもあるので歌の練習にバッチリです。女性と男性キーそしてスィングとボサノヴァを選べられます。みんなジャズボーカル頑張りましょう!^^

女性キー /スウィング/ 160bpm

女性キー /スウィング/ 190bpm

女性キー /ボサノヴァ/ 140bpm

男性キー /スウィング/ 160bpm

男性キー /スウィング/ 190bpm

男性キー /ボサノヴァ/ 140bpm

和訳の一覧ページはhttp://blog.theyannie.com/jazz-songs-lyrics-in-alphabetical-order/です。

ヤニは歌詞の日本語訳の専門家ではない上に日本語もうまくないです。なので、普段英語の曲の歌詞の翻訳を乗せてるほかのサイトのように詩のような表現などは書けないです。しかもジャズの歌詞は美しい表現はあるが意外と詩のようなお洒落で難しい表現は思ったより多くないです。元々は黒人の音楽で感情表現が豊かで素直な歌詞が多いと思います。

ヤニは歌詞だからわざわざ詩のようなお洒落な表現にする方が伝わりにくいと思いますのでわかりやすい翻訳をしていきたいと思います。そっちの方が演奏する際に気持ちが乗りやすいと思います。詩のようなお洒落な表現の翻訳が必要な方はほかのサイトを見て頂いたほうがいいと思います~^^