Lover Man (Oh, Where Can You Be?)

Lover Man (Oh, Where Can You Be?)
作曲 & 作詞 Jimmy Davis, Roger (“Ram”) Ramirez, and James Sherman

I don’t know why but I’m feeling so sad
何故かわからないが、凄く悲しい
I long to try something I never had
経験したことないことをしたい
Never had no kissing
キスしたことないし
Oh, what I’ve been missing
Oh、今までなかったこと
Lover man, oh, where can you be
ラバーマン、あなたはどこにいるの

The night is cold and I’m so alone
寒い夜に凄く寂しい
I’d give my soul just to call you my own
あなたが私のものになられるなら魂でも捧げる
Got a moon above me
空には月があるけど
But no one to love me
私を愛してくれる人はいない
Lover man, oh, where can you be
ラバーマン、あなたはどこにいるの

I’ve heard it said
That the thrill of romance
Can be like a heavenly dream
ロマンスの喜びは天国のような夢みたいと聞いたことがある
I go to bed with a prayer
That you’ll make love to me
あなたと愛することを寝る前に祈る
Strange as it seems
不思議に感じる

Someday we’ll meet
And you’ll dry all my tears
いつか私達は会ってあなたのおかげで私の涙は止まるだろう
Then whisper sweet
Little things in my ear
そして私の耳に スイートな言葉を囁くだろう
Hugging and a kissing
抱き合ってキスしたり
Oh, what we’ve been missing
Oh、今までなかったこと
Lover man, oh, where can you be
ラバーマン、あなたはどこにいるの

James Edward Davisが兵役に服してた際に書いた曲ですぐBillie Holidayにあげたらしいです。まさにBillie Holidayのために書いたといっても過言ではありません。ラバーマンは発表された時期とレコーディングの間に2年位あいてるんです。発表は1941年か1942年(情報源によって違うます。)でレコーディングは1944年ですが、それがいろんな大人の事情がかかわってたようです。ミュージシャン労働組合とレコード会社の紛争でレコーディングが2年間見送られた複雑な事情のせいで作曲したJames Edward DavisはBillie Holidayがレコーディングする前にヨーロッパに徴兵されてBillie Holidayとその後連絡が取れなくなったようです。
今だとメールやSNSがあるので連絡が取れないことは滅多にないと思いますが。。。^^

今日の曲の主人公はまるで恋愛経験ゼロのようです。(笑) でも、Billie Holidayの声は大恋愛を経験しすぎてる感じがしますので、本当の愛、つまりラバーマン=ソウルメイトだと考えて、英語的によく出る表現ですが、「THE ONE」に会いたいと思ってる主人公の気持ちを書いたと思います。でも、深く考えずサラッと歌詞を読むとまだ恋愛経験のない高校生の気持ちを表してるような気が。。。^^;

とにかくこの曲はボーカルはBillie Holiday、インストはCharlie Parkerのバージョンが頭に浮かぶんです。美しい旋律なのに暗い雰囲気、ちょっと古いバーでLPで聞くのにピッタリの曲です。LPでこの曲を聞けるお店探してみようかな~

紹介する音源はBillie Holiday、Bill Evans Trio、Sarah Vaughanです。Photo by FreeImages.com / Roger Kirby

和訳の一覧ページはhttps://blog.theyannie.com/jazz-songs-lyrics-in-alphabetical-order/です。

ヤニは翻訳の専門家ではない上に日本語もうまくないです。なので、普段英語の曲の歌詞の翻訳を乗せてるほかのサイトのように詩のような表現などは書けないです。しかもジャズの歌詞は美しい表現はあるが意外と詩のようなお洒落で難しい表現は思ったより多くないです。元々は黒人の音楽で感情表現が豊かで素直な歌詞が多いと思います。

ヤニは歌詞だからわざわざ詩のようなお洒落な表現にする方が伝わりにくいと思いますのでわかりやすい翻訳をしていきたいと思います。そっちの方が演奏する際に気持ちが乗りやすいと思います。詩のようなお洒落な表現の翻訳が必要な方はほかのサイトを見て頂いたほうがいいと思います~^^


YANNIE

ヤニは東京を中心としてライブ活動してるジャスシンガーです。コンボはもちろんビッグバンドまで幅広く歌ってます。ジャズの良さを皆様とシェアできたらいいなぁ~と思ってます。 YANNIE is a jazz singer who lives in Tokyo, Japan and performs regularly, from combo to big band. She wants to share the wonderfulness of jazz with everybody who loves music.

Leave a Reply

Your email address will not be published.