Smile

Smile
作曲 Charlie Chaplin   作詞 John Turner and Geoffrey Parsons

Smile[1] though your heart is aching
心が痛んでも笑顔にして
Smile even though it’s breaking
悲しくても笑顔にして
When there are clouds in the sky, you’ll get by
空に雲があっても何とかなるから

If you smile through your fear and sorrow
心配ごとや悲しいことがあっても笑顔にしたら
Smile and maybe tomorrow
You’ll see the sun come shining through for you
笑顔にすると明日には日差しを迎えられるかもしれないよ

Light up your face with gladness
喜びの嬉しい顔をしてね
Hide every trace of sadness
哀しみの痕跡は全部隠して
Although a tear may be ever so near
泣きたくなるかもしれないけど

That’s the time you must keep on trying
その時こそ笑顔にするために頑張らないと
Smile, what’s the use of crying?
泣いてどうにもならないから笑顔にして
You’ll find that life is still worthwhile
If you just smile
人生は笑顔にするだけで充分価値があることに気付くから

1936年のCharlie ChaplinModern Timesという名画に使われた曲です。映画にはインストの曲が使われ、その後1954年にNat King Coleが歌詞を付けた歌を初めてアルバムとして出した曲です。この曲はPucciniのオペラのToscaからインスピレーションを得たようでCharlie Chaplinは作曲家としても才能を持っました。ところでCharlie Chaplinはすごいイケメンでしたね。Charlie Chaplinというとトレードマークの山高帽に窮屈な上着、だぶだぶのズボンにドタ靴、ちょび髭にステッキが有名ですが、扮装してない時の写真をみるとビックリする位イケメンです。気になる人はネット検索してみてください。(なぜかCharlie Chaplinのイケメン振りに興味深々~^^; すいません~)
しかし皆良くしてるバージョンはMichael Jacksonのバージョンかもしれませんね。私も大好きです。この曲はジャズじゃないバージョンもすごく多いからバラード歌いたいときにカラオケで普通に歌ってもそこまで白い目で見られないかもしれませんね~^^

  1. 「Smile」って辞書には「微笑む」ですが、この歌詞でsmileは相手に「スマイルしてね」という「命令型」で「微笑んでね」というニュアンスより「笑顔にして」のほうが自然な感じがします。

​ Photo by FreeImages.com / Mark

和訳の一覧ページはhttp://blog.theyannie.com/jazz-songs-lyrics-in-alphabetical-order/です。

ヤニは歌詞の日本語訳の専門家ではない上に日本語もうまくないです。なので、普段英語の曲の歌詞の翻訳を乗せてるほかのサイトのように詩のような表現などは書けないです。しかもジャズの歌詞は美しい表現はあるが意外と詩のようなお洒落で難しい表現は思ったより多くないです。元々は黒人の音楽で感情表現が豊かで素直な歌詞が多いと思います。

ヤニは歌詞だからわざわざ詩のようなお洒落な表現にする方が伝わりにくいと思いますのでわかりやすい翻訳をしていきたいと思います。そっちの方が演奏する際に気持ちが乗りやすいと思います。詩のようなお洒落な表現の翻訳が必要な方はほかのサイトを見て頂いたほうがいいと思います~^^


YANNIE

ヤニは東京を中心としてライブ活動してるジャスシンガーです。コンボはもちろんビッグバンドまで幅広く歌ってます。ジャズの良さを皆様とシェアできたらいいなぁ~と思ってます。 YANNIE is a jazz singer who lives in Tokyo, Japan and performs regularly, from combo to big band. She wants to share the wonderfulness of jazz with everybody who loves music.

Leave a Reply

Your email address will not be published.