Cry Me a River

Cry Me a River   
written by  Arthur Hamilton

Now you say you’re lonely
You cried the long night through
長い夜、ずっと泣いてて寂しいと言ってるよねWell, you can cry me a river, cry me a river
泣いて、泣いてればいい
I cried a river over you
あなたのことで私もとても泣いてたの

Now you say you’re sorry
For being so untrue
今さら偽ってたことを誤ってるよね
Well, you can cry me a river, cry me a river
泣いて、泣いてればいい
I cried a river over you
あなたのことで私もとても泣いてたの

You drove me, nearly drove me, out of my head
あなたのせいで気が狂うところだった
While you never shed a tear
なのにあなたはなんともなかったよね
Remember, I remember, all that you said
あなたが言ったこと全て覚えてるよ
You told me love was too plebeian
恋ってありふれてるって言ったよね
Told me you were through with me and
私とはもう終わりだと言ったの

Now you say, you say you love me
そして今になって私を愛してると言ってるよね
Well, just to prove that you do
じゃあ、それを証明してみて
Come on and cry me a river, cry me a river
泣いて、泣いてればいい
Cause I cried a river over you
あなたのことで私はとても泣いてたので

女はこの曲を歌うと不幸になるから歌わない方がいいと言われたことがあります。^_^; あの方は多分英語がわからない方だったと思いますが、年配の方でそこで「違います〜」と言い返したら耐えられない雰囲気になりそうだったので「そうなんですか?」と適当な対応をした覚えがある曲です。あの方は私が不幸になってほしくなかったので行ってくださったと思うので別にいいかっ〜と思いますが、この曲は実は「あんたも泣け!」という内容です。^_^

この曲の主人公が泣いたのはあくまでも過去のことです。戻ってきた元恋人に過去にあなたのせいで散々泣いてたのであんたも同じく泣いてりゃいいという強気の歌詞です~^_^

Photo by FreeImages.com / Martin BOULANGER

和訳の一覧ページはhttp://blog.theyannie.com/jazz-songs-lyrics-in-alphabetical-order/です。

ヤニは歌詞の日本語訳の専門家ではない上に日本語もうまくないです。なので、普段英語の曲の歌詞の翻訳を乗せてるほかのサイトのように詩のような表現などは書けないです。しかもジャズの歌詞は美しい表現はあるが意外と詩のようなお洒落で難しい表現は思ったより多くないです。元々は黒人の音楽で感情表現が豊かで素直な歌詞が多いと思います。

ヤニは歌詞だからわざわざ詩のようなお洒落な表現にする方が伝わりにくいと思いますのでわかりやすい翻訳をしていきたいと思います。そっちの方が演奏する際に気持ちが乗りやすいと思います。詩のようなお洒落な表現の翻訳が必要な方はほかのサイトを見て頂いたほうがいいと思います~^^


YANNIE

ヤニは東京を中心としてライブ活動してるジャスシンガーです。コンボはもちろんビッグバンドまで幅広く歌ってます。ジャズの良さを皆様とシェアできたらいいなぁ~と思ってます。 YANNIE is a jazz singer who lives in Tokyo, Japan and performs regularly, from combo to big band. She wants to share the wonderfulness of jazz with everybody who loves music.

Leave a Reply

Your email address will not be published.