Georgia on My Mind

A Night In Tunisia
作曲 Dizzy Gillespie & Frank Paparelli  作詞 Jon Hendricks

Georgia, Georgia
ジョージア、ジョージア
The whole day through
Just an old sweet song
Keeps Georgia on my mind
古くて優しい歌のお陰で1日中ずっとジョージアのことが頭から離れないよ

I said Georgia
Georgia
ジョージア、ジョージア
A song of you
Comes as sweet and clear
As moonlight through the pines
あなたの歌は松の木の間からから差し込む月光のようにスウィートで冴えてる

Other arms reach out to me
別の腕は私に手を伸ばすてる
Other eyes smile tenderly
別の目は優しく微笑んでる
Still in peaceful dreams I see
The road leads back to you
私に見えてる穏やかな夢の中で道はあなたに戻ってる

I said Georgia
Ooh, Georgia,
ジョージア、ジョージア
no peace I find
私は安らがない
Just an old sweet song
Keeps Georgia on my mind
ジョージアをずっと心に留めておくのは古くて心地良い歌のおかげだ

Photo by FreeImages.com / Roger Kirby

1930年に作られて曲ですが、30年後の1960年にアメリカのジョージア州出身のRay Charlesによってビルボード1位までのぼった超有名な曲です。

Georgiaを作曲したHoagy Carmichaelの妹かジョージア州かに関して皆結構いろんな説がありますが、多分両方じゃないかなと個人的に思います。歌詞的に明確じゃないところも多いので歌詞の意味を聞いてる側に委ねる感じですかね?

実はWikipediaでこういうのを見つけました。1961年に作詞家のStuart Gorrellが Bremen Enquirerという新聞社に送った手紙です。ここを見るとお母様に”What is ‘Georgia’? A girl or a State?”と聞かれたみたいです。しかしその下にWhat do you think?と書いてあるのを見ると聞いてる人の判断を委ねてるんじゃないかと私は思いました。

ニューヨークでよろしくない現実と向き合いながらあったかい南国のことを考えてたと書いてますね(実際に1930年に株が暴落するなど経済的に大変だったらしいです。しかしサックスプレーヤーFrankie Trumbauerが南のことを書くと売れるのは間違いない!と言ったのでジョージア州のことを書いたという説もありました。^^ 確かに30年後ですが、バカ売れしたので当たったんですね〜)

皆さん、What do you think? ^^

和訳の一覧ページはhttp://blog.theyannie.com/jazz-songs-lyrics-in-alphabetical-order/です。

ヤニは歌詞の日本語訳の専門家ではない上に日本語もうまくないです。なので、普段英語の曲の歌詞の翻訳を乗せてるほかのサイトのように詩のような表現などは書けないです。しかもジャズの歌詞は美しい表現はあるが意外と詩のようなお洒落で難しい表現は思ったより多くないです。元々は黒人の音楽で感情表現が豊かで素直な歌詞が多いと思います。

ヤニは歌詞だからわざわざ詩のようなお洒落な表現にする方が伝わりにくいと思いますのでわかりやすい翻訳をしていきたいと思います。そっちの方が演奏する際に気持ちが乗りやすいと思います。詩のようなお洒落な表現の翻訳が必要な方はほかのサイトを見て頂いたほうがいいと思います~^^


YANNIE

ヤニは東京を中心としてライブ活動してるジャスシンガーです。コンボはもちろんビッグバンドまで幅広く歌ってます。ジャズの良さを皆様とシェアできたらいいなぁ~と思ってます。 YANNIE is a jazz singer who lives in Tokyo, Japan and performs regularly, from combo to big band. She wants to share the wonderfulness of jazz with everybody who loves music.

Leave a Reply

Your email address will not be published.